政策

少子化対策

教育こそ未来への投資!

幼小中高大専門教育環境の向上と経済負担を軽減します。
合計特殊出生率1.31これが新潟市の現状です。
ご承知の通り、この数値が2.07人以下だと人口減少となります。
子どもを一人生むと、大学の卒業まで2000万円の養育費が掛かるといわれます。これが出産抑制に繋がっていると言われています。
行政的には、人が一人生まれてくれると、生涯4500万円の納税効果があるそうです。
米百俵の精神は、今が苦しくても未来の為に人を育て、地域を発展させる心です。

PAGE TOP