政策

分煙推進

分煙推進


吸う人も吸わない人も快適な分煙化!
最近、オリンピック前で、喫煙規制が続いています。
煙草は大人の嗜好品です。お酒と同じ様に、分別を持って楽しむ分には、自由にするべきです。
但し、成長期の子どもには、配慮するべきですし、煙が嫌いな方も居ます。
だからこそ、分煙をしっかりと進めるべきです。
未成年者をたばこの害から守りながら、吸う人の権利も守るために企業、店舗などの分煙化、喫煙所の整備を推進します。
煙草の税収は直接新潟市に入って来ます。その額年間60億円です。
この予算を使って、しっかりとした分煙環境を整え、「多文化が共生できる、美しい新潟」を目指します。

PAGE TOP